Fallout4プレイ日記 第五十六話 The Molecular Level3

 Fallout4のプレイ日記、続けて行きたいと思います。
 前回は、レールロードと接触して、コーサーのチップを解読してもらいました。
 そして、無事にコードを手に入れたというところまででした。
 
 
 さて、再び輝きの海に向かって行って、バージルに会います。
 バージルはこれまでの間に、テレポート装置の設計図を作っていたようです。
 この装置を組み立ててコードを使えば、乗り込むことができるということかな。

 ここでバージルは、手伝ってくれる人は居るのか? と聞いてきます。
 シグナルインターセプター作成の協力者……
 B.O.S.か、ミニッツメンかレールロードに協力をあおぐ必要があるみたいだけど……

 ミニッツメンかな(;´ー`)
 将軍だしw
 協力しろと命令できる立場だよなw

 というわけで、プレストンに会いに行きます。
s-2016-01-13_00029
 相変わらず、畑仕事で隠居しておりますなー。
 そういえば、プレストンという名前を聞くと、ビリー・プレストンがどうしても脳裏に浮かんでしまうけど……
 まあどうでもいいやw

 プレストンに、息子が誘拐されたからインスティチュートと争っていると話すと、できるだけの支援をしてくれるということになりました。
 ミニッツメンで、設計図などの担当者はスタージェス。
 というわけで、サンクチュアリ・ヒルズに向かいますか。

 ここでちょっと遊び。
s-2016-01-13_00041
 空きスペースに建物を造ってみました。
 うーむ、すごい。階段だけで二階を支える家w
 不自然さを無くすために、柱を作るべきですかなー(;´ー`)

 スタージェスに頼んでみると引き受けてくれて、リフレクタープラットフォームというものを作ることになりました。
s-2016-01-13_00059
 先ほど造りあげた不自然な家の三階に、テレポート装置を作ることにしました。
 うむ、空き缶とか無駄に拾っていたので素材は足りてますな。

 次は、シグナルインターセプターの作成です。
 装置には主な構成要素が4つあって、
 その1、制御コンソール。コードを入力し、信号を処理する
 その2、中継アンテナといって、テレポーターの信号を傍受するもの
 その3、分子ビーム射出装置。物質を転送のためのエネルギーに変換させるもの
 その4、分子ビームを集めて反射する、安定型リフレクタープラットフォーム

s-2016-01-13_00075
 というわけで、中継アンテナです。
 金とか、どこで手に入れたんだろ……

s-2016-01-13_00076
 分子ビーム射出装置。
 廃車は見かけるたびに分解していたので、鉄は有り余ってますね。

s-2016-01-13_00077
 そして制御コントロール。
 以上のものを全て作り上げます。

s-2016-01-13_00078
 こんな感じに仕上がりました。
 最近、ターミネータージェネシス見たんだけど、なんかそれに出てきた転送装置みたいだなーw

s-2016-01-13_00087
 スター・ジェスがコントロールを操作して、いよいよインスティチュートに潜入する時がやってきました。
 これは、インスティチュートの情報を集めて、彼らの企みを突き止める絶好の機会ということで、彼らのネットワークをスキャンして見つけたものをダウンロードするプログラムを受け取りました。
 というところで、クエスト「Inside Job」が開始します。
 スキャナー・ホロテープをインスティチュートのターミナルに挿入すればいいみたいですね。

s-2016-01-13_00094
 というわけで転送開始です。
 このポーズがまたターミネーターみたいw

 一瞬辺りが光り……

s-2016-01-13_00097
 気が付いたら、どこか知らない施設にワープしていました。

 以上で、クエスト「The Molecular Level」が完了です。
 
 
Sponsored Links